• 骨折した女性
  • 首を痛めた男性

postheadericon 痛みは専門家に相談を

青空 車いす

交通事故ではむちうちの他にも、手足の捻挫、骨の小さなひび、打撲などの痛みも引き起こします。
病院では痛みどめ湿布で済まされてしまう痛みも、整骨院では医療保険を使ってきちんとした治療が受けられます。
治療する柔道整復師は、病院医師にも引けを取らないほどに色々な骨や筋肉の障害を診ているため、安心して治療を受けられます。
むちうちなどの辛い症状を患ったら、交通事故治療を専門に行っている治療院に相談することが、解決への近道です。

postheadericon 理解されない辛さ

車いす 病棟

骨が明らかに折れているとレントゲン写真で確認された場合や、筋肉が断裂していて手術が必要な場合には、病院で治療を受けることができますが、つらい症状がでているのに病院で適切な治療を受けられないものの代表が、むちうちなどの交通事故後遺症です。
交通事故の場合、首に衝撃がかかって頸椎捻挫であるむちうちを引き起こしやすいですが、傍目では筋肉の損傷状態が把握できないため、頭痛や吐き気を訴えても、経過観察で済まされてしまいます。

postheadericon 国家資格保有者です

事故入院

整骨院とは、接骨院やほねつぎとも言います。
国家資格である柔道整復師の免許保有者が、骨やその周辺の筋肉を正しい位置に戻す治療を行います。
カイロプラクティクや整体、マッサージなどという無資格者が行うものとは違い、一部は医療保険が適応となるれっきとした治療院となります。
スポーツや転倒で追った脱臼やケガを治すだけでなく、骨折後のリハビリや筋肉痛などの後遺症まで、骨と筋肉の障害を幅広く治療するプロでもあります。

postheadericon 交通事故治療の手順

リハビリ

事故直後など初期の治療は、微弱な電流や軽いマッサージなどで炎症を起こした筋肉などの回復を促進する方法がとられます。
場合によってはテーピングやバンドなどを用いて固定することもあります。
ある程度回復が見られたら中期の治療として、ストレッチなども加えて治療が行われます。
患部を固定する時間を短くして元の生活に近づけていくように鳴らしていくことも行います。
後期では、炎症などがなければ積極的にマッサージ、ストレッチ、関節運動などを取り入れた治療で、治癒を目指していきます。
交通事故治療はおおむね3か月程度はしっかりと治療を受けることが、むちうちなどで後遺症などを残さないために必要といわれています。

postheadericon 整骨院での治療

治療 入院

レントゲンなどの検査で異常がないのに痛みが取れないというのは外科の交通事故治療ではよくあることです。
このようなつらい痛みやむち打ち症など、画像診断ではわからないケガとその症状を緩和するのが整骨院での治療となります。
しっかりと全身の状態をチェックして症状の感じないところの異常も後遺症などが残らないように治療することができます。
むちうちなど急性症状の強いけがも、時間をかけてしっかりと痛みなどが残らない状態まで治療することができるのは整骨院ならではです。

オススメリンク
カレンダー
2014年12月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031